- - - -

お申し込み ステップ2

以下の受講規約について必ずご確認ください

お申し込み手続きをすぐ始める場合は、このページの一番下までスクロールしてください。

受講お申し込みの際の留意事項

ファミリー・コンステレーション・トレーニング 2018基礎を受講するためには、以下の受講規約に同意していただく必要があります。

したがって、お申し込みフォーム提出時に「上記の内容に同意します」にチェックを入れて送信していただくことで、受講規約に同意されたものとみなします。

お申し込みの前に以下の受講規約を必ずご確認なさって、規約内容に同意していただいた上でお申し込みくださいますようお願いいたします。

受講規約

A.受講費のお支払いについて
B.キャンセル待ちについて
C.キャンセルポリシーについて
D.講師側の都合によるキャセルまたは延期の場合
E.トレーニングコースでの個人的イシューの取り扱いについて
F.トレーニングコースでの録音・録画について
G.守秘義務について

A.受講費のお支払いについて

お申し込みフォームを送信することで、ファミリー・コンステレーション・トレーニング 2018基礎コース受講登録が完了したことになり、以下の規定の下で受講料の支払いの義務が発生します。

A-1.一括支払い

お申し込みフォームを提出後、受講費はコース開始の30日前まで(2018年10月04日まで)に全額の納入を完了する必要があります。

A-2.分割払い

事前のご相談により、分割払いも可能です。ご希望のお支払いのスケジュールプランを、日にちと金額を明記のうえ、メールでご相談下さい。

分割払いの場合、2018年10月04日までに第一回目のお支払いを完了している必要があります。 残りの費用については、トレーニングの第3ブロックの開始前(2019年07月06日)までに全額のお支払いを完了することになります。

また、何らかの理由で受講を途中で中止した場合でも、スケジュール通りに受講費用全額のお支払いを完了する必要があります。

この分割払いの取り決めについては、分割払いのプランを提出していただいて、その分割払いの予定を了承したことを講師から文書(メール)でお知らせした場合にのみ有効とします。

A-3.お支払いが遅れた場合

受講費の全額受領(分割払いの合意がある方は第一回目の支払い完了)をもって、トレーニングコースへの参加確定といたします。

もしもお支払いが遅れている場合(お振り込みの確認が取れない場合)は、メールでお知らせいたします。その後3日以内に再度お振り込みを確認できない場合は、参加枠は取り消され、代わりにキャンセル待ちの方が参加することがあります。

B.キャンセル待ちについて

トレーニングコースの最大参加人数は25名です。もし、お申し込みされたコースが既に定員に達している場合、キャンセル待ちとして受付けいたします。キャンセル待ちの順番は、お申込みを受け付けた順番の通り(お申し込みフォーム送信日)となります。

トレーニング開始の時点で空席が発生しない場合は、お支払いただいた受講費の全額を返金いたします。また、次回以降のコースへの参加についてご相談を承ります。

C.キャンセルポリシー

お申し込みと同時に、こちらの規定に沿ってキャンセル料が発生します。

C-1.クーリングオフ期間

受講申し込みフォームを送信してから(受講登録後)2週間はクーリングオフの適用期間となります。 その間はキャンセル料や受講費のお支払いなしで参加を取り消すことができます。
クーリングオフ適用の最終日は2017年12月30日です。その日以降はキャンセル料が発生します。

C-2.トレーニングコースの開始後にキャンセルした場合

受講申し込みフォームを送信した後で(受講登録後)トレーニングコースの開始後にキャンセルした場合は、受講費全額のお支払いが必要となります。すでに受講費のお支払いがお済みの場合、返金はお受けできません。

万が一、トレーニングが始まってから何らかの理由で受講を辞める場合、期間途中であっても返金はお受けできません。

受講費分割払いの方法を取っている場合、すでにお支払いいただいた受講費の返金はお受けできません。
また、残額をお支払いいただく必要があります。

C-3.トレーニングコースの開始前にキャンセルした場合

トレーニングコースの開始前であれば、受講をキャンセルし、受講登録者の代わりにどなたか受講する方を見つけて、講師がその方の受講に同意した場合は、キャンセル料なしでトレーニングコース参加を取りやめることができます。

C-4.キャンセル待ちの方が代わりに受講する場合

受講登録者がキャンセルしても、キャンセル待ちの方がその受講登録者の代わりに受講可能となる場合は、2018年10月04日までにキャンセルの申し出があれば、キャンセル料は受講費の5%となります。
2018年10月05日以降、2018年11月02日までのキャンセル料は受講費の10%となります。2018年11月03日以降はキャンセル料は受講費の100%となります。

C-5.受講登録者の代わりに誰も受講する方がいない場合

受講登録者がキャンセルし、その受講登録者の代わりに受講する方がいない場合、2018年10月04日までのキャンセル料は受講費の10%となります。2018年10月05日以降、2018年11月02日までのキャンセル料は受講費の20%となります。2018年11月03日以降はキャンセル料は受講費の100%となります。

C-6.返金

受講費を納入後にキャンセルした場合は、キャンセル料を差し引いた金額をトレーニングコースの第1ブロック終了後に返金いたします。

C-7.例外

特別な事情がある場合は、上記のキャンセル料規定を変更して適用することがあります。

D.講師側の都合によるキャセルまたは延期の場合

D-1.トレーニングコースがキャンセルされた場合

講師側の都合でトレーニングコースがキャンセルされた場合は以下の状況にしたがって返金いたします。

2018年11月03日のトレーニングコース開始前にキャンセルされた場合は、受講費全額を返金いたします。

トレーニングコースの第1ブロック終了後にキャンセルされた場合は、受講費の⅔の額を返金いたします。

トレーニングコースの第2ブロック終了後にキャンセルされた場合は、受講費の⅓の額を返金いたします。

D-2.トレーニングコースが延期された場合

トレーニングコース開催初日の33日前(2018年10月01日)の時点で、ファミリー・コンステレーション・トレーニング 2018基礎への受講登録者数が最低催行人数の15人に達しない場合は、トレーニングコース開催は延期され、第2ブロックの開催日(2019年03月02日)からトレーニングコースを始めます。

第2ブロックの開催初日の33日前(2019年01月28日)の時点で、再度、受講登録者数が最低催行人数の15人に達しない場合は、講師と受講登録者の両者で話し合って今後どうするのかを決定します。

ファミリー・コンステレーション・トレーニング 2018基礎コースを予定通り開催するか、または延期とするかのご連絡を2018年10月01日にメールにてお送りいたします。

トレーニングコース開催が延期となった場合は、開催までお待ちいただくことも可能ですが、受講を取りやめ受講費の返金を希望される受講登録者には全額を返金いたします。

E.トレーニングコースでの個人的イシューの取り扱いについて

トレーニングコースは学びの場であり、受講生の個人的なイシュー(課題、テーマ、困難なこと、問題など)を解決する場ではありません。個人的なイシューについて解決を探るためのワーク(働きかけ)を希望する場合は一般向けのワークショップに参加することになります。

受講生の個人的なイシューやトレーニングコースの最中に発生する個人的なプロセスは、受講生全体の学びのために、題材として取り上げられることがあります。

トレーニングコースの中では時折、学習のために、受講生自らの個人的なイシューについて他の受講生がコンステレーションを(部分的に)ファシリテートすることがあります。

または、講師が手法について説明するために、受講生のイシューについてワーク(働きかけ)を行う場合があります。

このようなコンステレーションやワーク(働きかけ)を行う目的は、イシューの解決ではなく(もちろんそれが起こることもありますが)、受講生が学ぶためです。ですから、コンステレーションは完了せずに途中で終わることがあり、イシューが解決されないことがあります。

F.トレーニングコースでの録音・録画について

トレーニングコースの録音および録画は許可されていません。また、トレーニングコースの場での写真撮影もできません。

学習の目的で個人的にメモを取ることだけが許されています。メモの内容を共有できるのはコースに参加している受講生たちの間だけです。それ以外のどんな人にも見せたり、話すことは禁止されています。

配布資料がある場合は、その資料の公開、複製は禁止されています。

G.守秘義務について

トレーニングコース期間中、および、トレーニングコース終了後も以下のことが適用されます。

G-1.受講生の個人情報について

トレーニング期間中に、自分のイシューを公開した受講生やその家族に関する個人的な情報を見聞きすることがあります。学びの目的のために、トレーニングの場(トレーニングブロック、エクササイズグループ、インターンシップ)でそれらの情報について講師や受講生たちは話すことができます。

トレーニングの場以外では守秘義務を遵守し、それらの情報について話すことは一切しません。トレーニングの場以外とは、口頭やメール、インターネットを含むすべての媒体を指します。

G-2.一般向けワークショップ参加者の個人情報について

インターンシップ中、すなわち一般向けのワークショップで見聞きしたクライアントとその家族の個人的な情報について、学びの目的のために、トレーニングの場(トレーニングブロック、エクササイズグループ、インターンシップ)でのみ講師や受講生たちは話すことができます。

トレーニングの場以外では守秘義務を遵守し、それらの情報について話すことは一切しません。トレーニングの場以外とは、口頭やメール、インターネットなどを含むすべての媒体を指します。

G-3.自分自身の経験について

自分自身の経験についてのみ、講師や受講生以外の人に口頭、その他の媒体を使ってシェアすることは可能です。ただし、自分自身以外の受講生(例えば、エクササイズグループでファシリテーターや代理人をした受講生)が特定されないよう、また自分自身以外の受講生のどんな情報も漏れないように充分注意を払います。

インターンシップ中、すなわち一般向けのワークショップに参加した場合にも同じように充分注意を払います。クライアントやその家族、そのクライアントのコンステレーションで代理人をした人、それ以外の参加者が特定されないように、また自分自身以外の人のどんな情報も漏れないように充分注意を払います。

G-4.講師の立場から

講師は、個人情報保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、受講登録時、およびトレーニング期間中に知り得た受講生の個人情報を第三者に供与することは一切いたしません。

受講規約について異議がある場合

以上に記載された参加にあたっての条件(受講規約)に、同意しない場合は、2017年12月30日までにメールで参加をキャンセルすることを講師側へ通知する必要があります。その場合はキャンセル料も受講費お支払いの義務も発生しません。

2017年12月30日までにお申し出がない場合、あなたは上記の受講規約に同意したとみなされ、トレーニングコース受講申し込み(受講登録)が確定します。

お申し込み ステップ3

トレーニングコースへのお申し込み

お申し込みフォームが講師側に届いた後に、受講のためのインタビュー 日時を決めるためのメールをお送りします。このインタビューはスカイプで行われます。
スカイプでのインタビューが不可能な場合は、電話にて行います。
詳細はメールでお伝えいたします。

受講規約